転職マスター生活相談所

転職マスターが解説する東京での生活スタイルと求人事情

家族葬でじっくりとお別れをする

東京で流行する新たな冠婚葬祭のスタイル

生活スタイルや価値観が多様化している今、葬儀の形も様々です。
壮大にお見送りする人もいれば、葬儀自体を行わない人も多くなっています。
そんな多様化の時代に東京都心で注目されているのが、家族葬というスタイルの葬儀です。

家族葬は細やかで温かみのあるお葬式

家族葬とは身内やごく親しい人だけで執り行われる葬儀で、コンパクトサイズで、決まりきった流れの葬儀ではなく、温かみのある葬儀です。
一般的な葬儀だと、一番気持ちも沈んでいて、故人とゆっくりとお別れの時間を持ちたいはずの家族が、大勢の参列者の対応や気配りに追われてしまいます。
落ち着く暇もなく、お見送りを迎えてしまうので、気持ちを込めて、ゆったりと回想する時間もありません。時間に追われた味気ないお見送りになってしまします。
それでは、最後のお別れにふさわしくありません。

家族葬は身内や親しい人だけの少人数の葬儀なので、気配りやおもてなしなども不要です。
故人との思い出や感謝という、お別れする時に大切な気持ちや時間を、じっくりと過ごすことができます。
ですから、心からお見送りができます。

葬儀にのみ集中できるのが良いポイント

また、コンパクトな葬儀となるので、葬儀場も選びませんし、葬儀関連のお料理や返礼品の手配などにも神経を使わなくて済みます。
葬儀そのものに意識を集中できるので、密度の濃い時間を過ごせます。
また、コンパクトなのは費用についてもあてはまります。
金額も抑えることができるので、残された家族の負担にもなりません。
また、葬式以外の部分に費用をかけたいといった価値観にも対応できます。
このように家族葬は、故人を思いやって見送るという、基本的な部分に立ち戻る事が出来る葬儀でもあります。
また、葬式にかかる手間や時間、経済的負担も効率的で、現代にマッチした葬儀の一つと言えます。

転職マスター生活相談所新着記事一覧

おススメサイト